出会いは求めているけれど「私たちは一体どこで出会ったらいいの?出会いなんてないわよ!」

そんなことを心に秘めながら唯々待っているだけでは出会いはありません。

出会いというものは向こうから勝手にやってくる場合もありますが、先ずは自発的に出会える場所へ出向いてみる必要があります。
そのワンアクションを起こすことで結果的に出会いを引き寄せることになるのです。

自分を磨き、周囲にアンテナを張り、積極的に出会える場所へ赴いてみましょう。

<

①SNSや掲示板を使う

男性と恋愛しているニューハーフは、どこで出会っているのでしょうか。出会いを求めても、なかなか思うような出会いができない方も少なくありません。好きな男性がいても、その男性がニューハーフを好きになるとは限らないのも実際のところです。

一方でニューハーフが好きな男性も中にはいます。ニューハーフの出会いのツールとしておすすめなのが、SNS掲示板です。これらのツールを活用することで素敵な出会いを実現することもできます。

SNSや掲示板のメリット

SNSや掲示板は、会う前に連絡をしてコミュニケーションを取れるのがメリットです。相手のことを十分に理解して、お互いが会いたいという気持ちが強まったときに出会うことができます。

同じ嗜好や趣味の人と会うことができるのも魅力です。相手も最初からニューハーフであることを受け入れているので、抵抗なく関係を深めていけるのもメリットになります。出会いのツールとしてだけでなく、情報収集のツールとしても役立ちます。

SNSや掲示板の注意点

SNSや掲示板では、素上の知らない相手と連絡を取ることもあります。中には商売目的の人、体目的の人もいるので、利用しているすべての人が信頼できるわけではありません。

トラブルも実際に起こっているので、信頼できるサイトの利用をすること、トラブルのリスクに備えることも重要です。また会う前にコミュニケーションを深めることで、相手に対する像が自然と出来ています。実際に会ったときと想像が大きく異なっていると相手に対する気持ちが冷めてしまうこともあります。

②働いているお店のお客さん、もしくは紹介。

ニューハーフが恋愛関係に発展しやすい男性は、基本的に関わりがある人です。ニューハーフクラブやバーで働いている場合は、お客さんも恋人になりやすい対象になります。

お店によっては恋愛が禁止されているところもありますが、お店のルールに抵触しないならお客さんと関係を深めていくのもよいでしょう。また知り合いに紹介してもらう方法もあます。それぞれの出会い方や、関係の深め方について詳しくみていきましょう。

働いているお店のお客さん

働いているお店のお客さんの中でも、よく指名をくれるお客さんは好意を持ってくれているので深めやすい関係にあります。働いているお客さんだと、仕事をする中でお互いのことをある程度把握しています。

相手のことを理解した上での付き合いになるので、良好な関係が築きやすいのもメリットです。ただし指名客が何人もついている場合は、恋愛していることが発覚して離れてしまう可能性もあります。リスクがある点に気をつけましょう。

紹介してもらう場合

出会いの場の一つに、知人の紹介があります。紹介は、紹介してくれる人との信頼関係もあるため、好みの人と出会いやすいことや性格が合う人と出会いやすいのも特徴です。

ただし紹介してもらった相手とうまくいかなかった場合は、紹介してくれた人と関係が少しギクシャクしてしまうこともあります。出会いがなかなか無いという場合は、誰か紹介して欲しい旨を知人に相談してみるのもよいでしょう。出会いの場の裾を広げていくことが大切です。

③趣味の集まりやサークルに参加する

新しい出会いがないニューハーフの方は、趣味の集まりやサークルに参加してみるのもよいでしょう。特にコミュニケーションを取ることが苦手な人にはおすすめです。趣味という共通した楽しみを持っていると、会話のネタも尽きません。

お互いに共有できる情報があれば、それだけで親近感も沸いてくるものです。人が集まる場所に行けば、タイプの男性と出会える可能性も高くなります。出会いの場に出向くことも出会う上で重要になります。

趣味の集まりやサークルで会う人は価値観が合いやすい

趣味が同じの人は、同じ嗜好を持っているので、価値観が合いやすいのも特徴です。恋愛関係において別れる原因の多くは価値観の違いが原因になります。価値観が合っている人と恋愛関係を築いていくことは、別れにくい関係を作っていくことにもつながるわけです。

趣味の集まりやサークルはインターネットに公開されています。どんな人が集まるのか知りたい場合は、SNSのコミュニティなどを利用するのもよいでしょう。趣味が合うと恋愛関係も楽しくなります。

最初から自分を前面に出さない

趣味の集まりやサークルに行って出会いを求める場合に、自分からドンドン話しかけることは大切です。しかし自分のことばかりガンガン話していると、相手に引かれてしまう可能性があります。

最初は挨拶から入り、相手のことにも関心を持ちながら、少しずつ距離を縮めていくことが大切です。どんなときでも相手のことを思いやることができる人が好かれる人になります。周囲を見ることも忘れないようにしましょう。

④ジムや習い事に通う

ストレッチする女性

恋愛に成功するためには、自分に自信を持つことが大切です。自信がある人は周囲から見て素敵に見えます。一方、スタイルやルックスが良くても自分に自信がない人は魅力的には見えません。

気持ちから湧き出る雰囲気は、周囲の人に大きな影響を与えます。自分に自信をつけるためには、理想の自分になることです。どんな自分になりたいのかを考えたとき、キレイになりたいという気持ちや博学になりたいという気持ちはないでしょうか。ジムや習い事に通うことで自信をつけて、新たな出会いの場を広げることができます。

ジムで自信のあるボディを作る

ジムに行って体を鍛えることも、自分に自信をつける方法の一つになります。ジムのいいところは、スタイルが良い人をこの目で見ることができることです。目標設定をすることができるので、モチベーションの維持にも繋がります。

ジムに行って体を鍛えると、自信も自然に出てきます。自信が出てくると、積極的に話しかけやすくなります。また、ジムと言う場所も出会いの場所の一つです。ジムで人との関わりを増やしていくのもよいでしょう。

習い事に通って出会いを増やす

習い事に通うのもニューハーフの方が出会いを増やす方法の一つです。習い事に通うメリットは、共通の目的を持っていること、自信の可能性を広げることになります。もし出会いに繋がらなくても、そこで学んだことは今後の役に立つはずです。

出会いばかりを求めては習い事に身が入らないので、一旦出会いから頭を離してから習い事を始めるとよいでしょう。

⑤イベント・ボランティアに参加する

理想の男性となかなか出会うことができないニューハーフの方は少なくありません。出会いがあっても体だけの関係で終わってしまうこともあります。真面目な出会いを求めるなら、真面目な場所での出会いが重要です。

ボランティアやイベントなどは、真面目な出会いがしやすい場所になります。新しい出会いがなく、何か行動をしたいという方は、ボランティアやイベントに参加して出会いの場を広げていくとよいでしょう。

ボランティアで出会う人の特徴

ボランティアには、さまざまな人が訪れます。無償でも何かの役に立ちたいという気持ちから参加する人も多く、真面目な人が多いのも特徴です。また一緒に目的を持って参加するので、共有意識も生まれやすくなります。

また、参観する人の層も厚く、いろいろな人との出会いもあります。直接的な恋愛関係に発展しなくても、輪がどんどん広がって新しい出会いにつながることも十分に考えられます。

経験がウィットに富んだ会話を作る

ボランティアやイベントに参加すると、普段は経験できないようなことも体験することができます。そこで得た新しい知識や体験は、会話に活かすことができます。恋愛において、最初に大切なのは相手とのコミュニケーションです。

お互いに会話が進まず、気まずいままより、会話のネタが多い方がコミュニケーションは取りやすくなります。いろいろな経験を積んで成長したという自信も積極性を高めてくれます。自分から行動することで、行動力も身に付きます。

⑥友人の紹介。友人と合コンなど

ニューハーフの出会いの場としてあるのが、友人の紹介や合コンです。友達を通しての出会いになるため、インターネットの出会い系サイトを利用するのと比べると高い安全性になります。

紹介してもらう場合や合コンに参加する場合に、どんな振る舞いをしたらいいのか気になるポイントです。せっかくの出会いのチャンスを逃してしまわないように、紹介を受けたときや合コンに参加するときの心得を学んでおきましょう。

紹介を受ける場合の注意点

友達に男性を紹介してもらう場合は、タイプをきちんと伝えておきましょう。友達に紹介してもらっても、その男性が自分のタイプではないと後から断りにくくなります。あらかじめタイプを伝えておくことで、友達も自分にあった人を紹介してくれます。

また紹介してもらう場合は相手のことも友達を介して間接的に知ることができます。事前にどんな人か分かっていると会話のネタも探しやすいでしょう。

合コンに参加する場合の注意点

合コンは出会いを求めて参加している人が大半です。フィーリングが合えば、そのまま友達の関係になって恋人関係に発展することも十分に考えられます。合コンに参加する場合は、周囲に気を遣うこともポイントです。

好きな男性に振り向いて欲しくてアピールする気持ちも分かります。しかし男性はアピールが強い人よりも、さりげなく気を遣っている人に気が向くものです。合コンは空気感も重要になってくるので、場の空気を読んで少しずつ距離を縮めていきましょう。

⑦転職【職場で出会う】

職場によっては、まったく出会いがないところもあります。大人になると、出会いの場の中心は職場です。ずっと同じところで働き続けることも魅力の一つですが、同じ人間関係のままだと新しい出会いを望むことは難しくなります。

ニューハーフの方も同じで、職場が変わらないと新しい出会いもありません。出会いが少なくなると、自分を磨くモチベーションも下がってしまいます。そんな状況を打開するために、転職するのも方法の一つです。

出会いのための転職

素敵な男性との出会いを求めて転職をするのは、動悸が不純に感じてしまうかもしれません。転職する理由は人それぞれで、会社に不満を持ってなくても転職することはあります。長い人生の中で考えると、転職して新しい出会いを求めたいという気持ちがあるのに、我慢して転職しないと後悔につながります。

ただし転職する場所はしっかり考える必要があります。出会いだけでなく、熱を持って仕事ができるかどうかも重要です。理想の仕事をしながら、出会いの幅を広げていくのが理想の形になります。

転職は流れを変える意味もある

ずっと出会いがない状態が続いていると、その状態が当たり前になってしまいます。そうなると自分から出会いを求めていく気持ちが薄れてしまい、どんどん内向的になってしまうのです。転職をして出会いの幅を広げることは、流れを変える意味もあります。

流れを変えることによって視野が広がり、新しい出会いを求める積極性も増します。自分から動いて行動したときに出会いの可能性は高まります。

⑧行きつけのバーを作る

出会いがないと気持ちは焦ります。ニューハーフとしての魅力が足りてないのか、自分を好きになってくれる男性はいないのか、さまざまな不安が頭をよぎるものです。恋愛するためには出会いが必要で、そのための場所も必要になります。

頼る友人がいなくて、マイペースに出会いの幅を広げていきたいという場合は、行きつけのバーをおすすめします。行きつけのバーを作ることで、新しい出会いを作ることができます。

おすすめのバー

出会いを目的とし、行きつけのバーを作る場合は、カウンター席メインになっているショットバーがおすすめです。カウンター席の場合は隣に座った人と話をすることができます。そのときによって他のお客さんも異なるので、新しい出会いも生まれやすくなるものです。

お酒が好きな人は特におすすめで、もし思ったような出会いが無くてもお酒を飲みに来たと言い聞かせることもできます。バーテンダーさんと仲良くなって味方になってもらうと、後押ししてもらえるかもしれません。

最初はバーテンダーさんを挟もう

横に気になる男性が座っても、なかなか自分から話しかけることができない人もいます。バーテンダーさんとの会話の流れから、隣に座っている男性にも話しを振ってもらい、会話に参加してもらう流れがベストです。

気の利くバーテンダーさんなら、上手に話しを振ってくれます。そのために、行きつけのバーにする必要があるのです。フラっと立ち寄ったバーだと、なかなか出会いには繋がりません。まずは通うところから始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう