代替えテキスト

セカンドキャリアを積みたいニューハーフも、女性として働きたいトランスジェンダーもお昼のお仕事に戻った時、一体どのお仕事を始めればよいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、自分のしたい仕事を選択する事がベストですが、スキルもなく未経験から就職する場合どの職業かよいか悩まれると思います。

一体どの職業がトランスジェンダーの方でも就職しやすいのか今回は就職難易度別にご紹介していきます。

【難易度:低】飲食店

アルバイトの中でも比較的入口が広いのが飲食店。全国どこにでもあり人手不足のため正社員・アルバイト問わず多くの人材を募集しています。ハローワークに行った際も飲食店は数多く紹介してくれました!

またトランスジェンダーの方の中には、将来を考えた時に自分のお店を持ちたいという独立志向が強い人も少なくありません。自分がお店のオーナーになれば、自分の個性を前面に出して経営することができます。実際に独立して成功しているトランスジェンダーの方もたくさんいます。

独立するにあたり始めやすい職種となるのが飲食店です。飲食店はご飯を提供する代わりにお金を貰うというシンプルなビジネスモデルです。

飲食経営の現状

飲食店は始めやすい一方で、年間60%以上のお店がつぶれているのが現状です。競合相手のお店に負けてつぶれることやターゲットを絞り切れてないことでつぶれることもあります。

飲食店の経営で成功するためには、他のお店にはない個性が重要です。味が素晴らしいのはもちろん、お店の雰囲気や店員の雰囲気なども大切な要素になります。

トランスジェンダーのお店は他のお店と差別化しやすい

テレビをつけると、多くのおねえタレントが活躍しているのを見かけます。ご意見番的な立場になりやすく、悩み事を相談しやすいイメージが定着しています。これはトランスジェンダーの方も飲食店経営で活かせる部分です。ニューハーフタレントとして有名な「はるな愛」さんもタレント業の傍らお好み焼き屋を経営されている話は有名な話ではないでしょうか。

今の時代、他と違うことを求める消費者はたくさんおり、規模の小さいお店だったとしても接客でリピーターを増やす方法もたくさんあります。他のお店と差別化することが飲食店経営でとても大切なことです。アルバイトをして下積みを重ねて将来的には自分のお店を持つことを考えていくのもよいでしょう。

【難易度:低】倉庫系、ネットショップ雑務系の仕事

最近増えている職種にネットショップ関係の仕事があります。ネットショップはオフィスワークや倉庫の軽作業が中心の仕事で、お店と違って顧客と顔を合わせて売買することはほとんどありません。接客業だとトランスジェンダーが不利になることもありますが、ネットショップ関係の仕事ならセクシュアリティよりもスキルが優先されます。

特に重要となるスキルが、パソコン関係やビジネスマナーです。顧客と顔を合わせることがなくても、電話やメールでのやりとりが必要になります。ネットショップにとって、お店の評価が何よりも大切なので、ビジネスマナーを重視します。

ネットショップ関係の仕事の探し方

ネットショップ関係の仕事は、求人情報誌に多く掲載されています。応募要項のところが性別不問になっていれば求人応募できます。ネットショップ関係の仕事は、アルバイト求人も少なくありません。

正社員として働きたいのであれば、正社員登用制度がある会社を選びましょう。即戦力を重視している会社もあるので、過去にパソコンや販売の経験があるなら履歴書や職務経歴書に記載してアピールするとよいでしょう。

開業したい人にもおすすめ

ネットショップで仕事をして経験を積めば、ネットショップ運営のノウハウを身に付けることができます。ネットショップは顧客がつけば安定して利益を出すことができます。販売するものによりますが、アパレルなど自分のセンスを活かせるものを販売すると利益につながりやすいです。

【難易度:低~中】美容・エステティシャン・リラクゼーション

ニューハーフやトランスジェンダーに人気がある職業にエステティシャンやリラクゼーションの仕事があります。国家資格はありませんが、民間資格がいくつかあるので、資格取得を通して知識やスキルを身に付けておくと安心です。これらの仕事は個性が尊重されるので、ニューハーフやトランスジェンダーとしても自分を活かしながら働くことができます。

エステやリラクゼーションスタッフとして働くためには

エステやリラクゼーションに関する民間資格を取得してなくても、求人募集しているお店はあります。最初はアルバイトとして働き、少しずつ知識やスキルを増やして正社員を目指すことも可能です。技術や接客技術が必要になるので、LGBTであるかどうかよりも仕事ができるかどうかが重要になります。

エステやリラクゼーションは施術が始まってから終わるまで、いかにお客様に最高の時間を過ごしてもらうかがポイントです。

キャリアアップが図れる

エステやリラクゼーションスタッフとして働く場合、給料は技術レベルに左右されます。学歴やセクシュアリティ、経験は関係なく、自分の頑張りが給料に反映されるシステムです。実力主義の会社になるので、自分の腕次第で可能性を広げていくことができます。

また、経験を積んだら独立して自分のお店を持つことも可能です。開業することができれば、より自分の色を出してサービスの提供ができるようになります。tランスジェンダーの人は、もともと美に関心を持っている人も多く天職になりやすい仕事です。

【難易度:低~中】介護

トランスジェンダーの働き先として、介護の仕事があります。高齢化が進んでいることもあり、人手不足の施設は少なくありません。男女問わず募集をかけている施設が多く、介護施設で活躍しているトランスジェンダーも増えています。

一方で相手が人の仕事になるので、人間関係などに不安を持つ人も少なくありません。ここではトランスジェンダーの介護の仕事について紹介していきます。

介護の仕事をするために必要なこと

介護の求人は資格の取得をしていることが前提になっている施設が多くなっています。介護の資格にはいくつか種類がありますが、介護職員初任者研修は一番早く取得できる資格です。3カ月程度で資格取得が可能で、資格を取得すれば身体介護を行うことができるようになります。

資格保有者として資格手当がつき、上位資格を狙うことができます。資格があれば、未経験者でも働けるところは多くあります。

介護の仕事の条件

介護の仕事は働く場所によって勤務体制が異なります。日勤だけのところ、夜勤があるところ、三勤交代のところもあるので、働きたいペースにあわせて仕事選びをしましょう。夜勤があると、夜勤手当がプラスされるので、通常よりも給料はアップします。

正社員として募集をしているところも多く、ボーナスや有給休暇などの福利厚生もあります。給料の水準が低いと言われていますが、管理者になれば給料は大幅アップします。少しでも条件の良いところで働くためにも事前の情報収集が大事です。

【難易度:低~中】オフィスワーク

ニューハーフやMTFの人が働きやすい職種の一つにオフィスワークがあります。オフィスワークは社内で仕事をするのが一般的で、接客がない仕事が多くなります。自分のスキルだけで働くことができて、トランスジェンダーが採用に不利になることも少ないのが特徴です。

パソコンの経験がない人でも、一から知識やスキルを高めてオフィスワークすることもできます。

一般事務と営業事務

オフィスワークで人気の職種が一般事務と営業事務です。正社員登用制度を活用することで、バイトから正社員を目指すことができます。特定の資格がないと働けないということもなく、志望動機などが採用基準の大きなウエイトを占めます。

営業事務は過去の経験も優遇されやすいですが、一般事務に関してはいきなり社員になれる場合も少なくありません。ただし、どちらもビジネスマナーや文書作成能力は必須のスキルです。

データ入力

仕事では誰とも関わりを持たず、淡々と業務をこなしたいトランスジェンダーの方にはデータ入力がおすすめです。仕事が始まってから終わるまでコツコツ同じ作業を繰り返すことも多く、社員同士でコミュニケーションを取る機会は少ないです。

データ入力はスキルが無くても働ける場合が多く、重視されるのは正確性ややる気になります。アルバイトとして募集をしている会社が多いですが、正社員登用制度を設けているところも多いので、頑張り次第でアルバイトから社員を目指せるようになっています。

【難易度:低~高】在宅ワーク

インターネットが普及したことで、在宅ワークをする人が増えています。在宅ワークは自宅で仕事を受注する形になるので、誰とも顔を合わせることなく黙々と仕事ができます。人と一緒に働くことに抵抗があるニューハーフや男の娘におすすめの仕事です。

在宅ワークの職種は幅広く、事務系の仕事からクリエイティブ系の仕事、編集系などの仕事もあります。自分のペースで仕事が進められるのもメリットです。

在宅ワークのメリットやデメリット

在宅ワークのメリットは自宅をオフィスにして働けることです。安定して仕事を受注して稼げるようになれば、立派な個人事業主です。ニューハーフや男の娘として生活してきたことを活かし、ライターや作家として活躍することもできます。

デメリットは安定した収入を得るまでに時間がかかることや、単純作業だと報酬が低めに設定されていることです。自分一人で仕事をするので、モチベーションが上がらないと報酬も増えません。

在宅ワークの探し方

在宅ワークは、基本的にトランスジェンダーであるかどうかは関係ありません。仕事の探し方としては、在宅ワーク専門のサイトに登録して仕事を探すことや受注する方法が一般的です。求人情報サイトにも掲載されているので、自分に合った在宅ワークを探すとよいでしょう。

在宅ワークの求人の中には、詐欺を目的としたものもあるので注意が必要です。先行投資が必要になる仕事は詐欺の可能性があるので、信頼できる会社と取引しましょう。

【難易度:低~高】ナイトワーク

ニューハーフや男の娘の求人で多いのがナイトワークです。クラブやヘルス、バーなどさまざまな仕事があります。ニューハーフや男の娘専門のお店なら、自分の個性を活かして仕事ができます。ナイトワークは他の仕事に比べると報酬の水準が高いのも特徴です。

短時間でしっかり稼ぎたい人にもおすすめです。ナイトワークの求人の探し方や就業条件、働くときのポイントを紹介します。

ニューハーフや男の娘向けナイトワーク求人

ニューハーフや男の娘を募集している夜の求人は、一般求人情報誌などには掲載されていません。専用のナイトワーク求人情報誌やサイトなどから求人を探すのが一般的です。未経験者も優遇しているお店が多く、経験がなくても研修を受けて仕事を覚えることができます。

給料形態はさまざまで、ヘルス系の仕事になると歩合制が多くなります。時給や月収制になっているのは、バーやクラブが中心になります。

ナイトワークの注意点

ニューハーフのナイトワークはたくさんあるので、仕事そのものは見つかりやすいです。ナイトワークは人気商売であるため、他の人との人気の差が明らかになることや夜の仕事が中心なので、生活が不規則になってメンタル面でやられてしまうこともあります。

歩合制になっているお店だと、指名されずに稼げないこともあります。慣れないうちは、報酬が少なくても固定給になっているお店が安心です。指名客がつくようになれば、歩合制の方が効率的に稼ぐことができます。

【難易度:中】運転手・ドライバー

運転手やドライバーも、ニューハーフやトランスジェンダーが多く活躍している職種です。荷物を運ぶドライバーであれば一定の力が必要になります。ある程度の体力があるニューハーフや男の娘なら、問題なく働くことができます。

採用基準として、過去に事故をしてないことややる気、体力などを重視しています。トランスジェンダーであることは、審査にほとんど影響がありません。会社によって勤務形態や仕事内容、必要な取得資格が異なるので注意が必要です。

勤務形態

正社員や契約社員としての募集が多くなっています。会社によっては月給に加えて、取引先の件数などに合わせて報酬がプラスされる場合もあります。日中だけの勤務時間もあれば、三勤交代や夜だけの配送もあります。

夜だと深夜手当が支給されるので、日中働くよりも給料は多くなります。仕事によっては繁忙期があり、短時間のアルバイト募集をしているケースもあります。他の仕事をしながら、掛け持ちバイトとして働くことも可能です。

求人募集の探し方

ドライバーの求人募集は、一般求人情報誌やハローワークにも多くあります。また、LGBT専用の求人サイトでも募集していることがあるので、トランスジェンダーであることを最初からオープンにして面接を受けたい人は利用するとよいでしょう。

研修や試用期間があるケースも多く、研修や試用期間が終わった後の給料形態はきちんと掲載されている方が安心です。募集要項も細かくチェックしておきましょう。

【難易度:中~高】クリエイティブ職

テレビ番組や雑誌、デザインなどを行う職種をクリエイティブ職と言います。クリエイティブ職は、自分の個性が活きる仕事です。個性が重要になる仕事なので、他の人が経験したことないような経験をしているトランスジェンダーも多く活躍しています。

クリエイティブ職に共通して言えるのは、アイデアが豊富にあることです。他の人にはない感性があれば、それだけ仕事で大成しやすい仕事になります。

ハードルはやや高め

クリエイティブ職は高いスキルが求められる仕事です。求人募集を出している会社があっても、実績や経験がないと即採用にはなりません。0からクリエイティブ職で働くなら、アルバイトで働き、その中で自分をアピールして正社員を目指していくのが近道です。

ただし、自分でオリジナルの作品を作って売り込めば、正社員としてすぐに採用される可能性もあります。日頃からデザインや動画編集など、仕事につながるようなことをしてポートフォリオを制作してアピールしましょう。

クリエイティブ職は幅広い

クリエイティブ職の仕事は横幅が広いのも特徴です。何か得意なことがあれば、得意分野を伸ばしていくことで仕事につながることもあります。そこにセクシュアリティは関係なく、自分の個性を前面に出して仕事に打ち込むことができるのもクリエイティブ職の魅力です。

クリエイティブ職は資格が無くても働くことができます。もちろん、ニューハーフやMTFの経験から得たことをアイデアにして仕事につなげていくこともできます。

【難易度:中~高】SE・プログラマー

サービス業のように接客が中心になる仕事だと、職種によってはトランスジェンダーであることが不利になるケースもあります。しかし、技術職であればセクシュアリティよりも技術が重要視されます。パソコン関係に詳しいトランスジェンダーの方なら、SEやプログラマーとして活躍することも可能です。

接客ではなく、パソコンを使ってプログラムを作っていくので、トランスジェンダーだからと言って面接で不利になることもありません。

SEやプログラマーとして働くために

パソコン関係の仕事でも、高いスキルを要するのがSEやプログラマーです。仕事をするためには、前提としてプログラミングのスキルが必要になります。パソコンに詳しくない人だと、自分には無理だと思うのも無理ありません。

結論から言うと、未経験者でも十分にSEやプログラマーとして働くことは可能です。プログラミングに関しては、基本情報技術検定のように国家資格がいくつかあるので、試験取得を目指す中でプログラミングスキルの習得ができます。

未経験でも働くことができる

SEやプログラマーの求人募集は、未経験者を歓迎している会社も多くあります。これは研修制度を設けて一から社員を育てていきたいためです。プログラマーやSEは一定のスキル以上になると、自分のクセがついてくるようになります。

そのため、他の職場に移ったときに他の従業員とコミュニケーションが十分に取れないこともあるのです。未経験者を歓迎している求人を探すとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう