インタビューに答えてくださったもんぶ☆らんさん

今回のインタビューに答えてくださった方は、スイーツ大好きで洋菓子が名前の由来にもなっている『もんぶ☆らんさん』です。



目標を定めて無理のない範囲で行動していく事が大事

もんぶ☆らんさんは小さい頃はどんなお子さんでしたか?

人に話を合わせたり、あまり自分を出さない子どもでした。

初恋はどんな方でしたか?

幼稚園の先生です。卒園式に結婚してくださいと告白したのを覚えています。でも翌年に姓が変わっていたのでショックを受けました(笑)

最初に女装に興味を持ったきっかけはなんですか?

小さい頃から女性の服や化粧品など『美』に関するものに興味はありました。最近、女装子さんのブログをみてかっこいいなって感じた事から女装を始めました。

最初に女装をした時のエピソードをお聞かせください。

僕の場合は女装サロンで初めて女装をしたのがきっかけです。それまでは、化粧をした事もスカートを履いた事もありませんでした。
女装をスタートするにあたり、サロンかセルフメイクのどちらにするか迷いましたが女装に対しての抵抗はありませんでした。

女装している時のご自身の気持ちはどんなお気持ちですか?

一言でいうと自然体です。最初の外出時は緊張しましたが、今は普通になっています。

女装する際に気を付けているポイントはありますか?

女性から見てもカッコいいと思われる女装を目指しています。やはり女性とは体格や顔つきが違います。男性の良い部分は生かしたいと思っています。

もんぶ☆らんさんは普段何をしている時が一番楽しいですか?

お酒を飲んでいる時やコスプレをしている時です。最近コミケでコスプレデビューをしました!

もんぶ☆らんさんはアニメが好きという話をお聞きしたのですが何のアニメが好きですか?

沢山あるのですが、最近は『Fate』です。
その中でもネロというキャラクターが好きです。声優の丹下桜さんの声にやられました。
コスプレを楽しむもんぶ☆らんさん

もんぶ☆らんさんは男の娘とブログに書かれていましたが、今まで自分の身体に対して違和感はありませんでしたか?

ぼくには男性性と女性性の両方があるので、違和感はありません。ただ男性だから、女性だからという言葉には違和感を感じています。

今の自分に至るまでに悩んでいた時期や辛かった経験はありますか?

女装を始める際に、金銭面と時間面で『女装サロンへ行くか』、『自分でメイクをする』か悩みました。女装する事自体に悩んだ事はありません。

周囲の人にカミングアウトしたことはありますか?また女装をした際は周囲の目は気にならなかったですか?

周囲の人にカミングアウトした事はありません。必要があれば、カミングアウトします。

まだ女装している時も周囲の目が気になります。色々な価値観の方がいるので、もしかすれば衝突する事もあるかも知れません。健全な摩擦であれば良いのですが、そうなるかは予測できないので周囲への配慮に気をつけています。

逆に今まで女装をしていて一番楽しかった、嬉しかった体験は何ですか?エピソードなれば教えて下さい。

道端でメイクの試供品を貰った時です。『女性に見えたのかな』って、嬉しくなりました!

これから女装してチャレンジしてみたいことはありますか?

女装子関連イベントのサポートをしてみたいと思っています。

ご自身の理想のライフスタイルを教えて頂けますか?

男性と女性の両方を楽しめたらいいなって思います。
男性と女性の両方を楽しむもんぶ☆らんさん

10年後のもんぶ☆らんさんはどうなっていると思いますか?

分かりません(笑)
もちろん、人生計画を立てたことは何度もありますが、環境や感情の変化により、その通りにはなってないし、計画したらつまらなくなっちゃって。

最終的にはセクシャルマイノリティーという言葉を無くす活動に貢献していたいです。

最後にこれから女装を始めたい方、最初の一歩を踏み出せない方へ一言お願い致します!

ぼくは2017年11月から女装をはじめました。
なので、人にアドバイスできるような事はあまりありません。

ただ、『思い切り』は大事かなと思っています。
どんなことも何かを始める時は不安や恐怖がつきものです。

しかし、立ち止まっているよりも失敗を恐れず挑戦していけば変わるものがあります。
ぼくは「70%で良いから行動」を実践してきました。

その結果、女装を始めて間もないながらも楽しめていますし、新しい出会いもありました。
目標を定めて少しづつ無理のない範囲で行動していく事が大事だと思っています。

もんぶ☆らんさんから学んだこと

今を楽しく生きるもんぶ☆らんさん

男性性と女性性の両方を持つもんぶ☆らんさん。

今まで、男性だから・女性だからという言葉に違和感を感じながら生活をおくっていたようです。「男らしさ・女らしさ」という言葉は、時代の変化や国の文化が作り出した固定概念のようなものだと感じます。

『赤=女、青=男』のように色にもイメージがありますが、本来、私たちは男らしいとか女らしいと言われてる良い部分も悪い部分も、両方を持ち合わせていて何色もの色が私たちの中にそれぞれに存在していているのではないでしょうか。

また、タイプというものが一貫性がないように、その人のセクシュアリティも、その時々の人間関係や環境、精神状態など様々な影響を受けて変化していているものではないのかと、今回のインタビューで感じました。

もんぶ☆らんさんは、小さい頃からそんな疑問を敏感に感じとって、大人になって素直に自分の求めているものを無理のない範囲で行動にうつしていることが本来の自分らしさに繋がっているように思います。

これからセクシャルマイノリティーという言葉を無くす活動に貢献していこうというもんぶ☆らんさんの活動を美塾でも応援していきたいと思います。

今回もご覧いただきありがとうございました。

【インスタグラム】https://www.instagram.com/montb_lanc25/
【ツイッター】https://twitter.com/2Up63cV4lMZkYZj
【アメブロ】https://ameblo.jp/d-suke2070/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう