ニューハーフクラブの面接に前に確認したいこと

お水の世界で働きたい!と思っている方にとって避けて通れないのが面接。

「何を聞かれるんだろう…」、「持参するものはあるのかな?」

未知の世界の為、不安に思う方も多いですよね?今回は採用率UP間違いなしの情報をご紹介します。

準備しておくもの・用意しておくもの(履歴書・持ち物)

ニューハーフクラブの面接に前に用意しとく履歴書

求人募集に応募する場合は、職務経歴書や履歴書などを作成してフォーマルな格好で面接に臨むのが一般的です。しかし、お水の仕事では独特の面接ルールがあるので、ニューハーフクラブの面接を受ける前には必ず準備するものや必要なものを抑えておきましょう。

履歴書はいらない?

履歴書は、その人の学歴や職歴、取得スキルなど、さまざまな情報が掲載されています。この情報を基にして、働けるかどうかの判断をしているのですが、ニューハーフクラブでは履歴書不要にしているお店が多くあります。お水の世界は、何より接客スキルややる気が必要になる世界です。高学歴やキャリアは関係がなく、必要な情報は面接でほとんど得ることができます。ただし、お店によっては確認のために履歴書が必要なところもあるので、事前に確認しておきましょう。

身分証明書があれば大丈夫

ニューハーフクラブで面接を受けるために必要となるものは、身分証明書です。顔つきであることが条件なので、運転免許証やパスポートなどが必要となります。もし、顔つきの身分証明書がなくても、役所で住民票を発行してもらえば大丈夫です。女性中心のお店よりも、ニューハーフ専門のお店の方が必要なものは少なくて済む場合が多くあります。

お店によっては、身分証明書や履歴書のコピーを取るケースもあります。悪用されないか不安に思うかもしれませんが、お店は18歳未満を働くことができない規制があります。つまり、コピーを取るお店の方がしっかりしているお店と言えます。

面接でNGな服装や髪型

ニューハーフクラブの面接n前に確認したい髪型・服装

お水の世界では、履歴書や職務経歴書など書類の重要性が低い代わりに、面接の重要性が高くなります。面接では、お店で働ける接客能力があるかどうかや、見た目についても見られます。一般的な企業の面接と違い、スーツのようにフォーマルな格好ではなく、男性ウケしそうな服装で面接を受けるのがコツです。

お店のコンセプトによって服装や髪型は変える

キレイな格好でも、面接を受けるお店の雰囲気に適してないと逆効果になります。たとえば、かわいい系のお店に大人っぽい色気がある格好では意味がありません。また、アットホームな雰囲気を売りにしているお店に、ゴージャスな格好や盛り盛りの髪型も不釣り合いです。ギャル系のお店ならギャル系の格好、高級店ならキレイ系の格好にするなど、お店の雰囲気に合わせた格好を心がけましょう。

ニューハーフクラブの服装で気をつけること

ニューハーフクラブには、個性的なニューハーフとかわいい系のニューハーフを求めているクラブがあります。お店のホームページに掲載されているニューハーフを見ると、どんなニューハーフを求めているお店なのか分かります。お店の系統に適した格好で面接に臨むことが望ましいでしょう。

また、女性が多く在籍しているお店でニューハーフの募集もしているお店とニューハーフしか募集してない店でも適している格好は変わります。どちらにしても、派手過ぎない格好にして性格や内面を面接でアピールする方が失敗することも少なくなります。

働く前にお店情報の確認

ニューハーフクラブの面接に前に確認したいお店の情報

ニューハーフクラブの求人募集をする前に、お店の情報を確認しておきましょう。お水のニューハーフクラブには、ショーパブやお酒を飲むだけのクラブや性的なサービスを行うお店もあります。

性的なサービスを伴う場合は、必ず風営法の届出を出しているかどうかの確認をしておきましょう。届出してないお店で働くことは法に触れることになります。知らなかったでは済まされないので、信頼できるお店で働くことは大前提です。風営法の届出の有無は各お店のホームページに記載されています。

働くために必要な情報は事前に調べられる

求人募集を出しているニューハーフクラブだと、報酬や求人への応募条件などの基本的な情報は掲載しています。特に、出稼ぎで働きたい場合は寮の有無や報酬の支払いタイミング、経験の有無、応募できる年齢などは確認しておきましょう。事前にお店の情報を調べておくことで、面接対策にもつながります。

調べておきたいお店の情報

求人に応募したいニューハーフクラブがある場合に、そのお店がどんな人柄を求めているのかも確認しておきましょう。

明るい雰囲気のクラブであれば、面白要素があるニューハーフが重宝されます。一方、悩み事をしんみり聞くようなクラブなら落ち着いた雰囲気で聞き上手なニューハーフが重宝されます。お店によって、必要としているニューハーフは異なるわけです。お店が求めている人材を把握することも、後の面接対策になります。安心して面接を受けるためにも、お店の情報を調べておきましょう。

面接で事前に聞いておきたいこと【出勤日数など】

ニューハーフクラブの面接に前に確認したい出勤日数

ニューハーフクラブで面接を受ける場合は、どれくらいのペースで働けるかどうかを考えておく必要があります。

お店によって募集要項の中で触れている勤務日数や勤務時間は異なっており、週3回や1日5時間など指定されている場合は、条件をクリアすることが応募の条件です。一方、要相談になっているところや自由出勤制度を導入しているところは、シフトにある程度の自由が利くことを意味しています。ただし、面接のときは働ける日数や時間はある程度明確にしておく方がよいでしょう。

副業で働く場合

ニューハーフクラブで働く方の中には、日中働いて夜に掛けもちで働く方もいます。

この場合、日中の仕事に軸を置いて空いた時間を使ってのナイトワークになる方も多いと思います。ダブルワークが可能かどうかを確認しておく必要もありますが、掛け持ちで働くことができても残業で遅れる可能性がある場合は、シフトチェンジを柔軟に対応してくれるのかも確認しておきましょう。

出勤日数は多いほど重宝される

ニューハーフクラブでは、出勤日数が多いほど重宝される人材です。特にお客様が増える週末に安定して出勤できることはプラスになります。

また、平日でもイベントが定期的に入る場合はイベントのときに出勤できるかどうかもポイントです。お店がいて欲しいと思うタイミングにお店にいることが重要になります。出勤日数については納得できるようにきちんと相談しておくことが大切で、確認不十分だとトラブルになる可能性もあります。

面接でよく聞かれること【経験の皆無】

ニューハーフクラブの面接でよく聞かれること

ニューハーフクラブの求人募集を見ると、未経験者も歓迎という言葉や経験者は優遇と言う言葉を見かけます。接客スキルやマナーが重視されるお水の世界でも、未経験者の受け入れには寛容な姿勢を見せているお店が多い特徴があります。

特に、ニューハーフ業界は人手が相対的に少ないので、未経験者を一から育ててお店の戦力になって欲しいという気持ちもあるようです。気をつけるのは、未経験者を歓迎していても、安心して働けるかどうかは別であることです。

未経験者の意味合い

お水の世界で未経験者という言葉にはいろいろな意味があります。

たとえば、夜のお店で働いたことがあるものの、違うジャンルのお店で働く場合の未経験者を示すこともあれば、夜の仕事そのものが未経験者の場合もあります。どの未経験者を指して歓迎しているのかは、お店によって違います。経験の有無を聞かれたときに、お水の経験が皆無の場合は、その旨を伝えましょう。

未経験者へのフォロー

未経験者歓迎のお店は、キャストに対して手厚いフォローでサポートしてくれるお店もあります。一方で、未経験者としてとりあえずお店に入れて、後はキャストに委ねるようなお店もあります。未経験に対しての研修制度やサポート体制が徹底しているかどうかも確認しておきましょう。

また、経験者のみ募集しているお店で、未経験者が経験者として偽って応募することはやめましょう。面接官から問われた経験の有無については、事実のみを話すことや、やる気があることを態度で示すことも大切です。

面接に落ちても諦めない事

ニューハーフクラブの面接に落ちても諦めないこと

ニューハーフクラブの求人募集に応募して面接を受けても、面接にクリアするかどうかは面接官が決めることです。

面接のときは手ごたえがあったのに、ふたを開けてみると面接に落ちていることがあります。面接に落ちることは、思った以上にショックを受けることです。面接に落ちても、モチベーションを維持するためにはどうすればよいでしょうか?

面接に落ちるのはお店に合ってないだけ

面接に落ちると、自分に自信がないと不安に思うかもしれません。しかし、面接に落ちるのは単純にお店と合ってないからです。つまり、自分の個性を活かせる職場ではないということです。

仮に、面接に通っていてもそのお店で自分らしく働くことができたとは限りません。ニューハーフクラブは、学歴や職歴がそこまで重要ではなく、個性が重要視されます。お店によって求める個性が異なるように、自分の個性を活かせるお店もあるわけです。

面接で諦めないこと

面接で落ちても諦めないことが大事です。次を探すことを考えるのはもちろんのこと、面接で落ちた理由を自分なりに考えて次に活かすことも必要になります。また、面接を受ける中で面接官が求めていることが分かるようになります。

面接で諦める心を持ってしまうと、次に面接を受ける時に覇気が無くなってしまいます。そうなると、お店側もやる気がないと見てしまうようになります。諦める気持ちを捨てて、本当に自分にあった仕事に出会えるまで、前向きな気持ちを持って仕事探しをしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう