しっかりしているようで甘え上手

ニューハーフから教わるしっかりしているようで甘え上手な人
しっかりした女性は男性にとって安心感がありますが、しっかり過ぎていると立場がないと感じる男性もいます。一方で、しっかりしてない女性はかわいい女性として男性の目にも映りますが、長く付き合っていくと相手の抜けているところが嫌になって関係が終わることも少なくありません。しっかりしていて、その中に甘え上手がある女性ほど男性にとって一緒にいて居心地がよい特徴があります。

甘え上手のコツーボディタッチ

普段しっかりしている女性ほど、男性から見ると隙がないように見えます。そんなイメージの中で弱さを見せることや甘えることは男性の気持ちを掴むコツです。甘えると言ってもさまざまなパターンがありますが、恋愛関係に至ってないならボディタッチが有効です。ボディタッチをされて嫌な男性はいません。しかし、誰にでもボディタッチをしている女性は誰にでも甘える女性というイメージを与えてしまいます。気になっている男性に限定することで効果を高めることができます。

おねだりはストレートが効果的

何かお願いをするときに、遠回しに言う女性もいます。気を使わせないなどの配慮があってのことかもしれませんが、おねだりはストレートに甘えることがコツです。理屈がついてくると打算的に見てしまいますが、ストレートな物言いに対しては計算がないと感じます。感情をストレートに発信することも効果的で、一緒にいたいと言う言葉や甘えていいと聞くことも爆発的な破壊力があります。普段からしっかりしている女性がこのようなギャップを見せるのは超効果的です。しっかりしている時間があるこそ、効果が増大するという点に気をつけましょう。

適度に入り込める隙がある

ニューハーフから教わる適度に入り込める隙がある人

隙がある女性はモテると言われているように、男性を落とすためのテクニックとして隙を見せることは大切なことです。ただし、隙があり過ぎると尻が軽い女性だと思われてしまって逆効果になります。大切なのはいつでも隙があるのではなく、適度に入り込むことができるがあることです。さて、男性に好かれる隙ってどんな感じでしょうか?

適度な隙とは?

男性はデートに誘う時に、いつも気持ちの中ではヒヤヒヤしています。断れたらどうしようという気持ちを持っているわけです。隙がない女性というのは、デートを誘いやくい雰囲気を持っています。一方で、明るくニコニコしている女性はデートに誘って断られたとしてもやんわり傷つかないように言ってくれるだろうという観測があります。適度な隙は、明るくポジティブな感じの人ほど出てきます。女性にとって誘いやすい雰囲気を作るためには、意中の男性にはポジティブな姿勢で笑顔を絶やさないことがポイントです。目が合ったら微笑み返すのも適度な隙を作るコツです。

軽い女にならないために

隙を見せすぎてしまうと軽い女だと思われてしまいます。これが隙を見せる上でむずかしい部分にもつながってきます。軽い女だと思われないようにするためには、隙を見せても簡単に一線は超えないようにすることです。男性は隙の中でも、最後まで行けそうでなかなかいけないラインに興奮します。すぐに目的達成できる女性、つまりエッチができる女性は都合のいい女でしかないので気をつけましょう。

思いやりがあって気遣いに長けている

ニューハーフから教わる思いやりがあって気遣いに長けている人
男性が女性と関係を持ちたいときは、①体だけの関係を持ちたい場合、②恋愛関係や婚姻関係を望む場合の二つに分けることができます。体だけの都合のいいオンナになるのは嫌だと思うので、大抵の人は恋愛関係やそれ以降の関係になれることを望んでいると思います。そのためには、一緒にいたいと思わせることが大事で、思いやりや気遣いに長けている女性は男性が一緒にいたいと思う女性の特徴です。

相手の気持ちが考えられること

思いやりがある女性や気遣いできる人の特徴は、相手の立場になって物事を考えられることです。自分主体で物事を考えている人だと、気遣いや思いやりを持って人に接することはできません。相手のことを考えることができるので、トラブルになりにくいことや人間関係がこじれるようなこともほとんどありません。思いやりがある人は相手のことを知る努力をするので、男性がミスをしたときに攻めることもありません。プライドを傷つけられることを恐れる男性にとって思いやりがある女性は安心できます。

打算的な気遣いは逆効果

男性は単純なので、とりあえず何でも気を遣っていたら大丈夫と考える女性もいます。しかし、打算的な気遣いには鈍い男性も気付きます。思いやりや気遣いがある女性を演じていても気付かれてしまいます。本当に相手のことを考えて行動をしているなら、気遣いができる女性に自然となります。思いやりの気持ちを持ち、気遣いができる女性を目指しましょう。

いつまでもピュアで素直な女性である

ニューハーフから教わるいつまでもピュアで素直な女性である人

好きな男性に振り向いてもらうために、さまざまなテクニックを駆使してアピールする女性はたくさんいます。テクニックや心理を巧みに使った方法は、たしかに気になっている相手と距離を一気に縮められることにもつながります。一方で、打算的な女性を嫌う男性は多くいます。テクニックを使って距離を縮めようとしても、それを見抜かれてしまうと男性は一気に興ざめしてしまうものです。モテる女性は、いつまでもピュアで純粋です。

ピュアな女性とは?

ピュアな女性は素直に気持ちを表現します。好きという言葉をストレートに言うことができる、辛いときは素直に甘えることができる、困っているときに自分のように考えてくれる女性はピュアな女性です。ピュアな女性にどう対応したらいいのかわからず照れ隠しで突き放してしまうような男性もいます。しかし、好きだからこそ戸惑っているだけなので必ず戻ってきます。面倒な駆け引きをしないので、男性にとって居心地がよい存在になります。

素直で恥じらいがある女性

素直な女性には恥じらいがあります。特に男慣れしてない女性は、男性のちょっとした言動にもすぐに照れます。男性はこのような女性の表情や態度が愛おしく感じるものです。恥じらいというのは人を信じる心から生まれるものであるため、信頼されていると思ってもらうきっかけにもなります。ピュアな女性になるためには、素直な気持ちを大切にすることです。深読みしないようにするだけでも十分な効果があります。

自分を大切にしている

ニューハーフから教わる自分を大切にしている人
男性が一緒にいたいと思う女性の特徴として、自分をしっかり持っていることが挙げられます。自分を持つというのは個性がはっきりしていることでもあり、男性にとってはいくらでも代わりがいる女性ではないわけです。こんな女性他にはいないと思わせるためには自分を持っていることが大切です、ここで言う個性とは、服装が奇抜であることや音楽の趣味が他の人と違うようなことではありません。

芯の強さが個性

自分を持っているということは、しっかりとした自分軸を持っていることでもあります。いろいろな意見がある中ですべての意見を否定的に見るのではなく、こんな考え方もあるんだと肯定的に受け止めることができることも大事です。相手によく思われたいために、慣れない気遣いをすることは自分を持ってない女性がやることの一つです。自分を本当に大切にできる人は人の気持ちを理解することができて、他人を大切にできる人です。

自分を持つことは魅力を増大させる

男性が女性に惹かれる要素の一つに、自分に持ってないものを持っていることがあります。自分を持たずに他人本位で生活していると、魅力と感じる部分はなかなか生まれてきません。自分を持って生活している人は、自分に自信があるので魅力が溢れています。自信は明るい雰囲気につながり、心に余裕を持たすことで多角的に物事が見られます。好きな人がいるとその人のためにすべてを尽くしてしまう気持ちは分かります。しかし、好きだからこそ自分を見失わないことが大事です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう