ニューハーフには様々なタイプの人がいます。

そのため好みのタイプの人を選ぶことができ、またそれぞれに合った楽しみ方ができるのが大きな魅力です。

ありあり、ありなし、なしなし、ホルモンバスト

ニューハーフは体の状態で大きく4種類に分類されます。

まずペニスと玉がどちらもある状態をありありと言います。

キレイな顔なのに体は男性であるというアンバランスさが多くの男性から人気を集めています。

またペニスはあるが玉がないという状態をありなしと言います。

玉がない分男性ホルモンの分泌が抑えらえるため、女性度が一気に上がります。

この2つは男性っぽさがしっかり残っているのですが、それとは反対にペニスも玉もどちらもない完璧に女性の体になっているのがなしなしという状態です。

男性の気持ちも女性の気持ちも理解しているなしなしのニューハーフは、ヘルスでも相手の気持ちをしっかり考えて行動してくれるという良さがあります。

最後にホルモンバストです。

これは豊胸手術をするのではなく女性ホルモンを注射することで女性の体つきに近づき、自然なバストを作り出すというタイプです。

体つきが女性らしくなるので、ニューハーフでもより女性らしくなります。

ニューハーフがヘルスや風俗店で働くメリット・デメリット

人には様々な好みや性癖があります。

しかし一般的な風俗店というのは女性スタッフばかりなので、ニューハーフが好きという人には利用しにくい傾向にあります。

そのため実はニューハーフの風俗店というのは需要が高いのです。

そういった人々の要望にしっかり応えてあげることで、常連になってくれやすいため結果稼ぎやすいというのが大きなメリットです。

しかし、稼ぐニューハーフは容姿端麗で年齢が若い一部の人だけですし、体力と精神力をつかう仕事なので、いつまでも続ける事は難しいかもしれません。

また、お客様でも、ニューハーフが好きな人というのはこだわりが強い人が多いため、接客してみたら全然好みのタイプではないと言われたりすることが多いというのがデメリットとして挙げられます。

まだまだメジャーではないニューハーフの風俗店ですが、確実に需要は高まってきています。

そのため求人も昔に比べて多く出てきています。

お店も増えてきているため働きやすい環境になってきているのも事実です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう