お仕事ナビIntroduction of work

いろんなお仕事があるけれど、具体的にどんな仕事内容でお給料がどれくらいなのか不安…。
そんな方にも安心して求人に応募できるように、業種別にお仕事内容を紹介します!
メリットやデメリットを把握して、自分にマッチした働き方を見つけましょう!


一般・総合職

ニューハーフの一般・総合職

一般・総合職とは、わかりやすく言えば「お昼の仕事」です。
事務、営業、企画、接客など様々な仕事があります。
ニューハーフであることが働く条件ではなく、ニューハーフフレンドリーな職場環境で、女性や男性と一緒になって働きます。
ニューハーフは男性や女性よりもコミュニケーション能力が高い場合が多く、実際にニューハーフを雇ってみたら貴重な戦力になったというケースも多く存在しています。

メリット

・スキルや知識を活かしてキャリアを積むことが出来る

デメリット

・ニューハーフという事で採用されない場合も


ニューハーフマッサージ

ニューハーフマッサージ

ニューハーフによるマッサージやボディケアを提供するお仕事を総じて「ニューハーフマッサージ」と呼びます。
ヘルスのように粘膜の接触がないので、病気の心配がありません。
研修制度が整っているお店が多いので、初めてや知識が無い人でも、しっかり学ぶことで安心してお客様に対応することが出来ます。
また手に職をつける事が出来るので、将来的には自分でお店を持つことも夢ではありません。

メリット

・歩合制が多いので、努力次第で高収入が得られやすい
・将来的には自分でお店を持つことも夢ではない

デメリット

・1人での対応になることもあるため、性的な嫌がらせを受けることも


ショーパブ

ニューハーフのショーパブ

ダンスやパフォーマンスなどのショータイムのあるパブ(お酒を出す飲食店)をショーパブと呼びます。
お客様がお酒を飲みながら、ステージ上でのダンスやショーを楽しみます。
仕事の内容としては、お客様の横に座りお酒を作ったりしながらお話を楽しみ、ショータイムにはショーに出演しお店を盛り上げます。
ニューハーフが在籍していることを売りにしているショーパブもありますので、綺麗な衣装を着て目立つことが大好きな人や、ダンスや歌が得意な人にはとても向いている職業です。
またキャリアを積み重ねていけば、 後輩の従業員の教育や、マネージメントを担当するなど、管理職のような立場になることもあります。

メリット

・様々な人に出会うことが出来て、話術を磨くことが出来る
・お店で人気が出ればお給料もあがりやすくなる

デメリット

・仕事が夕方や、夜、深夜になることが多く、生活が不規則になりやすい


バー・クラブ

ニューハーフのバー・クラブ

主にカウンター越しにお酒を作りながら男性と接するお仕事です。
ヘルスと違い、性的なサービスや接待等は一切ありません。
お客さんと常に話すお仕事となるので、どこのバーやクラブでもトーク力が求められます。
また、接客する服装も普段着などに近いカジュアルなお店が多く、手軽なアルバイトとして働けるメリットもあります。

メリット

・お酒やお話が好きなら楽しく働く事が出来る
・様々な人に出会うことが出来て、話術を磨くことが出来る
・服装がカジュアルの場合が多いので、手軽なアルバイトとして働ける

デメリット

・仕事が夕方や、夜、深夜になることが多く、生活が不規則になりやすい


ヘルス

ニューハーフヘルス

「ヘルス」とは男性客に対し性的なサービスを行う仕事のことです。
一緒にシャワーを浴びた後に、口と手を使ったヘルスサービスを行います。
最近ではインターネットの発達により、ニューハーフヘルスのお店も増えてきており、また需要も増えています。
風俗のお仕事が初めてでも、しっかりとしたマニュアルや研修があるので安心です。
また体験入店などもできるので、一度試しに働いてみる事も可能です。

メリット

・ご自身のスタイルに合わせて働くことが可能
・努力次第で高収入が得られやすい
・学歴や経歴なく働ける

デメリット

・仕事が夕方や、夜、深夜になることが多く、生活が不規則になりやすい